貸し店舗と貸事務所の違い


貸し店舗と貸事務所の違いは、物件の間取りや設備などです。
一般的に貸し店舗は顧客が来店できる設備を備えています。間取りに関してもある程度余裕があり、バックヤードを含めてそれなりの広さがあるのが普通です。

対して貸事務所は顧客を迎え入れる設備は必要なく、事務作業が行える空間になっていれば事足ります。つまり、設備や間取りについては最低限のスペースがあれば貸事務所として機能することが可能です。

このような特徴で分かれているため、貸し店舗と貸事務所では賃料が大きく異なります。貸事務所を店舗として流用することも不可能ではありませんが、必要な設備を設置するための工事をしてしまうと退去時の現状回復が必要になってしまいます。

そのため、店舗を新たに構えたいのであれば、貸し店舗として募集している物件を選ぶようにしましょう。逆に事務所として利用する目的であれば、貸し店舗にこだわる必要はありませんので貸事務所の物件を探してください。

カテゴリー: 貸し店舗を借りる   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります

    None Found